2020年からの小学校でプログラミング教育が必修化されます。

これだけITやAIが生活に浸透してきているので、教育の中にも「プログラミング思考(情報活用能力)を学んでいこう!」というのです。

しかし、悲しいかな、親である私が最も縁遠い存在…。

それに、幼い子どもがPCの前でカチカチしているよりは「体を使って外で遊んで!」と思ってしまいます。とはいえ、デジタルネイティブな彼らに「縁遠い」など言っていられませんし、プログラミングで解決できる社会課題もますます増えてくるはず。

よし、まずは親である私も一緒に”知る”ことから始めよう!と、 年長の息子とプログラミング教室をのぞいてみることに。

はじめてのプログラミング教室探し

いざ探し始めると目的も手法も千差万別ですが、大きく分けると「プログラミング技術に特化した教室」と「ロボットを作りながらプログラミングを学ぶ教室」の2種類あるようです。

「プログラミングに特化」といってもスクラッチなどの簡単なビジュアルプログラミングを用いて、まずは楽しく遊びながら基礎を習得します。

さらに差別化しているところは英語で教えたり、作品のプレゼン大会を開催したり、ものづくりと直結したSTEAM教育を織り交ぜたり、未来志向な教室も。どれも見ていても魅力的に感じてしまいます。

しかし、習い事を決めるときに一番大切にしたいのは「今のわが子に向いているかどうか」

そもそも画面を前にして向き合っていられるでしょうか? 楽しく学べるでしょうか? 親の思いだけで進めてしまい、肝心の本人はおいてけぼり…というような失敗は何度か経験済みなので(苦笑)、もう、今回は失敗しませんよ。

普段のわが子の姿をよく思い返して慎重に考えました。

レゴ好きなわが子は手を使って実際目の前にあるロボットを組み立てながら学ぶ方が、確実に入りやすそう…!と言うことで、まずはロボットプログラミングから体験することに。

ロボット×プログラミングはまさに遊びながら学ぶ!

早速、未就学児でも体験させてくれるロボットプログラミング教室へ。

子どもはテキストを見ながらロボットを組み立てていくのですが、ビジュアル重視で伝わりやすい作りに。こちらの様子を気にすることなく、集中して黙々と組み立てていました。

ロボット自体はモーターが一つ付けただけのシンプルな仕組みでしたが、構造がわかりやすくて逆に新鮮。「お母さん、知ってた?ロボットってこうやって動いているんだよ!」とでき上がったロボットを、目をキラキラさせて見せに来てくれました。

「すごいね!ロボットの仕組みがわかったんだね!お母さんにも教えて」とたずねると、ご機嫌で何度も教えてくれるのです。

いつものレゴのように、ただ形を作って遊ぶだけでなく「動く仕組みを考えながらパーツをきっちり揃える」この大切さを知っただけでも、十分、論理的思考です。それに買い与えてもらったラジコンよりも自分で組み立てたものが動いた!という自信は何ごとにも変えがたいもの。

こうしたロボット作りの基礎を経て、さらにタブレットを使ったビジュアルプログラミングが加わっていくようです。

私たちにとってはプログラミングへの大きな第一歩となりました。

自宅でもプログラミングは十分、楽しめるのです

体験後、プログラミングやロボットへの興味が湧いてきたわが子は、自宅でも自作のレゴで仕組みを考えたりYouTubeでロボットプログラミングの動画を見たり…家での遊び方も少しずつ変わってきました。

そして誕生日に「レゴBOOSTが欲しい!」とわが子からのおねだり。

レゴBOOSTとは自分で組み立てたレゴを、簡単なプログラミングで動かすロボットトイで、専用アプリをダウンロードすれば簡単に始められます。プログラミング教室でよく使用されている「レゴWeDo」や「マインドストーム」より感覚的に始められ、導入編としては十分に活用できそう(対象は7〜12歳)。

昨年発売されたばかり…ということもありプレゼントしました。これもただ闇雲に動かして遊ぶだけでなく、ミッションを加えて遊ぶのがポイント。

「ここを避けてこの宝物に到着するようにはどう指示を出したらいいかな?」と親子で一緒に遊びながら論理的思考を学んでいます。

親子でのコミュニケーションにも変化が…

そしてプログラミングの良いところは、答えが一つでないこと

目的のためには様々な考え方があり、それに向けたアプローチ方法もいろいろあって良いのです。そこにそれぞれの個性が出てくるので面白いです。

それに親子同時スタートなら、一緒に遊びながら学べるので、親子がタテの関係ではなくヨコの関係性になるきっかけをくれたと思います。

これまでだと、勝ち方やゴールの仕方は親がリードして教えてあげることが多かったので、どうしてもタテの関係が生まれやすかったと思います。

それだけではなく、子どもを一人の人として、考えや意見を尊重するようになったと思います。親子で一緒に楽しめ、これまでとは違ったコミュニケーションが生まれるなんて…考えてもいませんでした。

プログラミングの思わぬ効果ですね。

プログラミングに対する見方が変わった!

小学校におけるプログラミング教育はパソコンでコードを打つのではなく、作ったものを実際に動かし、そしてトライ&エラーを繰り返しながら論理的に考えることを目的としているのですね。

そして何よりも集中力と、やり遂げる力を育んでくれると思いました。知ること、そして体験することでプログラミングの学びの本質が理解できたと思います。

わが家はしばらくロボット教室でプログラミングの基礎を学びつつ、プログラミング技術に特化した教室へは小学2~3年生ぐらいからスタートさせようかな、と考えています。

苦手意識をお持ちの方は、まずはお子さんと一緒に体験することをオススメします!